最近筆者が期待しているホラーゲームについて二つ紹介。まだ発売していないので情報が不確かなところが多い。

SOMA(サイト)
深海の施設が舞台のホラーゲーム。深海のホラーゲームというとBioShockが真っ先に思い浮かぶがこちらは都市を形成しているわけではなく、あくまで施設。それもあって深海の設定がどのような形で活きるかは分からない。出来ればストーリー設定だけでなく、目に見える形での演出があると嬉しい。以前記事を書いたFarSkyではないが深海の未知の世界には惹かれる。

開発はAmnesiaの所ということで心配はいらないだろう。同製作陣が開発したMachine for pigsも評価が分かれるが決して悪い出来では無かったと聞いている。
The Cursed Forest:Remake(サイト)
以前記事を書いたThe Cursed Forestのリメイク作品となる。今回はsteamでしっかりと販売される($10USD未満予定)。やや一本道に近かった前作に対し、今作は自由に探索できるらしい。

ロシア産らしいのも地味にポイントが高い。ロシア産だから必ずしも面白いわけではないが、ロシア産のゲームはいい意味で異色な作品が多いと筆者は勝手に思っている。

個人製作からグループ製作に移る等、不安な部分が無いわけではないが、大丈夫だと思いたい。
2015年の春を発売予定と告知していたがどうなるだろうか。