itch.ioから次の記事が公開された。

3 years and 1000 creators, Steve Cook's quest to curate the un-curateable

かいつまんで説明すると@moshboyが約3年かけて1000人のゲーム、正確にはゲーム開発者を紹介した。
それぞれの開発者がそれぞれゲームを公開しているサイトを持ち、遊ぶことができる。
検索の労力は並大抵のものではないだろう。何故なら異なる個人開発者を探す必要があり、中にはsteamやitch.io等を使わない個人のサイトの場合もあるからだ。
ちなみにこの企画は元々101人の開発者による101個のゲームをまとめる企画からきているらしい。
3年の期間はこのバンドルから数えた期間である。
一連の内容は彼のツイートに並んでいる。
1番目500番目1000番目のリンクを貼っておく。"@moshboy #200"といった具合に彼のIDと適当な番号で検索すれば目当ての番号に行くこともできる。
この一連のツイートの注目すべきところは1000人の開発者を紹介しているところである。つまり1000人の開発者から見つけられるゲームは1000以上であり、好みのゲームがあったら同じ開発者のゲームを遊べる可能性もある。

このツイートの中から開発者やゲームをいくつか紹介する。
ULYDEV
ビジュアルと音楽の両方が魅力的な作品が多い。特にGROWLはおススメ。
JOSH ROACH
アート寄りの作品が多い。無軌道なゲームもあり、そこはかとない不安を感じるため、深夜に遊びたくはない。
Video Games
サイトだけで既に並々ならぬ存在感を放っている。ゲームも同様にサイケデリックである。

steamですら知名度の低いゲームを探すことが難しい今、このような個人サイトに置いてあるゲームは口コミぐらいでしか見つけられないかもしれない。それが1000もまとまっているのだ。是非触れてみてほしい。