59meters

PCゲーマー、ヌーブスチーマー。 記事は書き留める程度。毎週土曜日18:00に更新予定

2014年07月

激しいグリッチアート  N0 C1iP

今回の記事はN0 C1iPについて。NO CLIPではなく、N0 C1iP。
さらに正しい表記に直すと" ▲Nø♦C1iP▲ "。
プレイはこちら。ダウンロードしてフルウィンドウでのプレイをお勧めします。フリーです。

注意:激しい点滅があるため、てんかんには注意。

2014-07-31_00002


このゲームの特徴は画面上のノイズです。終盤は足元が分からないほどに激しいノイズが発生し、BGMとあいまって、グリッチアートの中を駆け回っているようであります。

独特なゲームが並びやすいフリーゲームでも異色なゲームでして、やっとこクリアしたらもう十分なぐらい過激なゲームです。しかしそれだけにとりあえず触れてみて欲しいゲームでもあります。2Dではなく3Dゲームでの激しいノイズ自体やや珍しいものかと思います。

異世界での冒険 NaissanceE

今回はNaissanceE(steamストアページ)について。とても素晴らしいゲームでした。

2014-07-05_00178


さきに断っておきますがNaissanceEはアドベンチャーゲームです。ストアページの動画がパズルを解いているためかどうも筆者の周りではパズルゲーム、もしくは雰囲気ゲームと認識していた人がいましたが違います。

繰り返しますがNaissanceEはアドベンチャーゲームです、冒険です。パズルだの雰囲気だのはそれを彩るものに過ぎません。


さて、このブログを読んでくださっている方にもNaissaneEを是非の是非、プレイして欲しくてこの記事を書くつもりでした。しかし、どうも、「このシステムがゲーム的にどうこう」といった明確に語る部分がなく、購買意欲を誘うようなものにはなりませんでした。

代わりに旅の記録ともいいますか、NaissanceEの要覧を記事にしました。

とりとめのない記事になってしまいましたが奇怪で惹かれるNaissanceEに触れる機会になれば幸いです。

概要

NaissanceEは一言でいうと異世界でのアドベンチャーゲームです。とりあえず例を挙げるなら不思議なトリックがAntichamber、不可思議な世界観がkairoといったところでしょうか。しかしNaissanceEはそのどちらとも違います。


NaissanceEでプレイヤーは、ゲーム内主人公を通して、冒険が出来るでしょう。


先述のantichamberやkairoに限らず、抽象的な世界が舞台というものはプレイヤーを世界から隔離し、プレイヤーは客観的な視点を取らされることが多く感じます。抽象的という印象はプレイヤーが自分と関わりの無い世界だと認識させてしまうからでしょうか?

さらにゲームによっては操作感がゲーム的であります。例えばsourceエンジンの滑り移動のように視界がぶれません。これもプレイヤーとゲームの壁であります。


対して本作は心地よい足の速さと、走るときの軽快な視界揺れや呼吸音を持ちます。さらにカートゥーン調というよりはリアルよりの綺麗なグラフィックもあいまってゲーム内の主人公とプレイヤーとを繋ぎとめる何かがあります。

これによってなのか、プレイヤーは抽象的ながらも現実世界の名残を留めるNaissanceE世界を主観的に入り込んでプレイすることが出来ます。主観的、能動的なプレイはアドベンチャーゲームでは大切なことだと筆者は考えます。


さらにNaissanceE世界について掘り下げます。続きを読む
twitterライン
ギャラリー
  • [ネタバレ]Far Cry 5のEDとテーマの考察
  • [ネタバレ]Far Cry 5のEDとテーマの考察
  • [ネタバレ]Far Cry 5のEDとテーマの考察
  • [ネタバレ]Far Cry 5のEDとテーマの考察
  • [ネタバレ]Far Cry 5のEDとテーマの考察
  • マップ自動生成型パルクール
  • マップ自動生成型パルクール
  • マップ自動生成型パルクール
  • プログラミングとパズル GlithSpace
ブログについて
steam、フリーゲームを中心としたPCゲームについて取り扱っていきます。マイナーなゲームを書く事が多くなります。
  • ライブドアブログ